FUTAGAMI BLOG ブログ
    それぞれの暮らしに合わせたカスタムキッチン
    皆さん、こんにちは!フタガミHOME&GARDENの広報担当です。 フタガミでは、お客様の理想とする暮らしにより近づけるようカスタムキッチンのご提案も行います。 カスタムキッチンをご提案する理由 「デザインの調和を大切にしたい」それがカスタムキッチンにこだわる理由です。既製品のキッチンにも様々なデザインがありますが、どうしてもキッチンまわりだけが既製品の持つ特有のデザインになってしまいます。そうではなく、私たちは空間や生活に合わせてキッチンもご提案したいと思っています。 ベースは素材の品質が良く機能的なIKEAのキッチンを使用。IKEAのキッチンは、様々な種類の素材やパーツを自由に組み合わせできます。シンクや天板など機能が重要なところは部分的に、日本人の暮らしに合う日本のメーカーのものをセレクトすることも。 キッチンのことを知り尽くしたデザイナーがご家族のお好みやライフスタイルに合った最適なカスタムキッチンをご提案します。 カスタムキッチン完成までの流れ 20代夫婦が建てた吹き抜けのある家は、シンクがリビングに面した対面式Ⅱ型キッチンを採用しました。キッチンに立ちながらLDK全体を眺めることができ、リビングで遊ぶ子どもの様子に目が届く間取り。さらに、キッチンの後方には洗面脱衣室とパントリーがあり、キッチンの左右から繋がる回遊動線に。毎日の家事の効率をアップしてくれます。 こちらもベースはIKEAのキッチンを使っています。カスタムキッチンができるまでのおおまかな流れは、 ・ヒアリングの際にご家族の好みやテイストを確認。・家全体のプランと合わせてキッチンのプランをご提案。・提案内容を元にご要望を伺いながら引き出しの数や色み、パネルなどを調整。 カスタムキッチンのご提案は、お客様のイメージとズレがないように、初めの段階でしっかりとヒアリングを行っています。ご家族だけの世界でたった1つのカスタムキッチンは、多くのお客様にご満足いただいています。 20代夫婦が建てた吹き抜けのある家~キッチン仕様~ □IH:三菱IH□食洗器:パナソニック□タイル:平田タイル□ベースキャビネット:IKEA METOD□キャビネット扉:IKEA HÄGGEBY□キッチン取手:IKEA BORGHAMN□キッチン天板:IKEA HÄLLESTAD□床:杉フローリング モデルハウスでは、サイズ感や素材などを確認できるだけでなく、実際にキッチン設備のご体験もできます。ご予約は随時承っていますので、お気軽にお問い合わせください。 ▼モデルハウスのご予約はこちらから https://www.futagami-home-garden.jp/model/azouno/
    2021.10.21
    家づくりコラム
    COMOリノベーション&外構計画
    皆さん、こんにちは! フタガミHOME&GARDENの広報担当です。 COMO は、私たちフタガミが経営するライフスタイルショップアンドダイニングです。以前はホームセンターの2階に併設していたセレクトショップを独立型の店舗にしました。COMOの雑貨は薊野モデルハウスにも展示しています。 家にいる心地よさを感じる空間づくり COMOはフタガミが掲げる「いえとにわ」を初めて体現した事例です。 店舗デザインと住宅デザインが別分野として認識されていた当時は、華美なデザインを施し、機能は必要最低限に抑えたお店が主流でしたが、COMOでは、建物本来の良さを生かすため、派手な装飾は取り払い、特徴的な洋小屋の形状を魅せるように設計しました。 お店にいながらも、家にいるような心地の良さを演出するために、商業施設などで使われる特別な素材は一切使っていません。また、訪れたお客様が、より付加価値のある楽しい時間を過ごしていただけるよう、店に置いてある商品からライフスタイルがイメージできるような仕掛けを施しています。ビンテージ=経年美化と考え、古き良きものを生かす設計を大切にしており、これは住宅のリノベーションにおいても共通する考え方です。 この土地に根付いてきた樹木を活かす庭づくり 木々の緑に囲まれた遊歩道のある庭や解放感あふれる広々としたウッドデッキなど、庭と店舗が心地よくつながりながら自然光がやさしく入るくつろぎの空間。 COMOの庭の主役は花ではありません。主役は目にも優しい緑の樹木たちです。空を見上げると、葉の隙間から木洩れ日が差し込み、まるで雑木林の中にいるような感覚に。 道路に面した石垣は、店から見える道路向かいの敷地の背景を隠し、また石垣おもて面と裏面に異なる植栽を施すことにより、どちらからでも楽しむことができます。 この石垣は、「砂岩(さがん)」と呼ばれる、砂が固結してできた堆積岩で、地元高知の春野で採れたものを、ひとつひとつ職人が手で積んでいったもの。地元の素材を使うことは周囲の環境にも自然にも馴染みやすく、また1つ1つ丁寧に施された手仕事は、温かみを感じられます。 COMOの店舗は商業施設ですが、「こんな家に住みたい」というコンセプトで設計されています。デザインや素材、庭づくりなど、実際の住まいでも使えるヒントが散りばめられています。 古い建物に新たな価値を生み出すリノベーションのショーケースとしてぜひご覧ください。
    2021.10.14
    施工事例
    【薊野モデルハウス】自然の力を活かす庭づくり
    皆さん、こんにちは! フタガミHOME&GARDENの広報担当です。 家の印象を最後に決定づけるのは、植栽・外構計画です。本当に良い家づくりには植栽・外構計画が欠かせません。 今回は、ガーデンデザイナーのポールスミザー氏が手がけている薊野モデルハウスの庭をご紹介します。 植物の心地よいリズムが流れるナチュラルガーデン ポールスミザー氏が提唱するのは、「植物が本来持っている自然の力を活かす庭づくり」。植物を植える場所をよく観察して、その環境に合う植物を選んで配置します。その配置こそが植物そのものの力を引き出します。 人にも環境にもやさしく、植物の心地よいリズムが流れるナチュラルガーデン。季節が移ろいゆく中で、さまざまな表情を見せ、ゆっくりと庭全体が育っていく姿を楽しめます。 1年を通してさまざまな植物を楽しめる庭づくり 庭の植栽は、観葉植物やハーブなどを取り扱う「マルニガーデン」の専門スタッフが季節・植物に合わせたお手入れをすることで、四季を楽しめる庭づくりをしています。手間がかからないようにコンクリートやアルミのフェンスに囲まれた無機質な庭も増えてきましたが、私たちは自然を感じることのできる庭づくりをしたいと思っています。 庭づくりがはじめての方や忙しくて植物のお手入れが難しい方でも、それぞれの暮らしに合わせたお庭をご提案させていただきます。 建物のプランニングと同時に進める外構計画 庭を含めた外構計画は、建物のプランニングと同時に進めることが大切です。建物を優先した結果、外構に予算を充てられなくなったり、玄関までの動線や建物と外構がアンバランスになってしまった、ということもあるからです。 フタガミでは、外構の設計・プランニング・施工まで自社で行っているので、建物とのバランスを考えた魅力的な外構プランをご提案します。 薊野モデルハウスの庭にご興味のある方は、ご予約の際にその旨をお伝えいただくと、当日は庭専門のスタッフがご案内することも可能です。 お気軽にお問い合わせください。 ▼モデルハウスのご予約はこちらから https://www.futagami-home-garden.jp/model/azouno/
    2021.10.07
    薊野モデルPORTA
    【施工事例】ドマでつながる家
    皆さん、こんにちは! フタガミHOME&GARDENの広報担当です。 緑豊かな里山に調和する落ち着いた外観デザインが魅力的な住まい。 土地環境を最大限に生かした開口計画により、外の景色を美しく切り取って空間に取り込み、どこにいても緑を感じられます。 来客用と家族用の動線を分けた玄関土間 玄関ドアの両サイドに設置したガラスが光を取り込み、開放的な明るい空間に。室外と室内の空間を緩やかにつなげます。 玄関から室内への動線は、来客用と家族用で区別。メイン玄関は来客専用にすることで、いつでも整った状態でお客様を迎えることができます。靴を脱がなくても小上がりの床に腰掛けることができ、気軽にやってきたご近所さんたちと、自然と井戸端会議が始まるようなコミュニケーションの場になります。 家族は、シューズクロークが併設されたサブ玄関から出入り。家族の靴やお子様の遊び道具などがお客様の目に触れる心配もいりません。玄関土間から各空間につながる動線計画によって廊下スペースが省けるため、空間を効率よく活用できます。 自然を感じるLDK 玄関から直接つながるLDKは、自然を感じる心地よい空間。フローリングと天井の無垢材と大開口の窓が緑豊かな景色を美しく切り取り、くつろぎの時間を与えてくれます。 キッチンとダイニングスペースの間に設けた部分壁が空間を仕切り、それぞれのスペースをすっきりと。木々の間から柔らかな木漏れ日が差し込むリビングスペースには、暖炉を設置。高気密高断熱の住まいだからこそ、薪ストーブの放射熱も活かせます。 LDKの続きに設けたデッキは、縁側のような空間を演出。デッキ上部の庇が夏の日射を遮り、快適な住環境をつくります。 隣室と一続きになった開放的な和室 押入れの下部に設けた地窓から柔らかな光が差し込む、あたたかな空間。玄関とLDKからつながる和室は、来客用のスペースとしてはもちろん、家族が日常的に使うスペースとしても活躍します。 床の高さを隣室と揃え、建具は天井高と合わせることで、一体感のある開放的な空間に。間仕切りを閉めれば個室として、開けておけばLDKの続き間として使っていただけます。 土間玄関からつながる開放的な住まいをご紹介いたしました。緑豊かな環境と自然素材に包まれた暮らしは、心身ともに健やかな毎日を届けてくれそうですよね。 次回は、寝室や子ども部屋をご紹介いたします! - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 住み継がれる家。年間15棟限定 『フタガミ ホームアンドガーデン』 私たちの家づくりの考え方を体現した、設備も技術も最高峰のモデルハウス、 薊野モデルハウス「PORTA」はこちら https://www.futagami-home-garden.jp/model/azouno/ - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
    2021.09.30
    施工事例
    【薊野モデルハウス】心身ともに落ち着ける寝室
    皆さん、こんにちは! フタガミHOME&GARDENの広報担当です。 睡眠は、心と体を健やかに保つために大切です。薊野モデルハウスの寝室は、様々な工夫で眠るために最適な環境を整えています。 心身が落ち着く広々とした空間 薊野モデルハウスの寝室は、約10帖の広々スペース。寝室からウォークインクローゼット、2階ホールと回遊できる間取りです。高い天井とベッドの周囲の余白のスペースを設けることで、空間全体をすっきりと感じさせてくれます。ベッド以外の家具は最低限にして、背の高い家具を避けることも空間を広く感じるポイントです。 寝室の隣には、約3帖の書斎を設けました。一人でゆっくりと読書や作業をしたいときはもちろん、在宅ワークのスペースとしても使っていただけます。家族から少し離れて静かに過ごしたいときにも最適です。 調湿効果のあるオークの無垢床 寝室には、草木染めしたオークの無垢材を使っています。経年変化によりグレーの色みを帯びて模様が浮き出てくるのが特徴です。無垢材ならではの豊かな香りが1日を過ごして疲れた心と体を癒します。 快適な睡眠には、適度な湿度も大切です。無垢材は、湿気が多いときには湿気を吸収して乾燥しがちなときは湿度を放出して、適度な湿度環境に整えます。 良質な睡眠を促す照明 リラックスできる空間をつくるため、照明の種類や位置にも配慮しています。ベッドに横になったときに光源が目に入らない位置に照明器具を設置。光源の眩しさを回避しつつ、あたたかみのある光で照らすことで、安らぎの空間を演出します。 毎日の睡眠は、明日への英気を養います。質の良い眠りを促す寝室の見学は随時承っています。ぜひ、薊野モデルハウスへお越しください! ▼モデルハウス見学のご予約はこちら https://www.futagami-home-garden.jp/model/azouno/ - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 住み継がれる家。年間15棟限定 『フタガミ ホームアンドガーデン』 私たちの家づくりの考え方を体現した、設備も技術も最高峰のモデルハウス、 薊野モデルハウス「PORTA」はこちら https://www.futagami-home-garden.jp/model/azouno/ - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
    2021.09.23
    薊野モデルPORTA
    【薊野モデルハウス】可変性をもたせた子ども部屋
    皆さん、こんにちは!フタガミHOME&GARDENの広報担当です。 子ども部屋を個室として使う期間は意外と短いです。だからこそ、ライフスタイルに合わせて部屋も変化させていくことで、より使い勝手の良い空間になると私たちは考えています。今回は、お子様の成長にあわせて2部屋に分割できる薊野モデルハウスの子ども部屋をご紹介します。 将来は2部屋に分割できる広々空間 薊野モデルハウスの子ども部屋は、2階にあります。最初からお子様それぞれに子ども部屋を持たせるのではなく、子どもの成長に合わせて2部屋に分割できる仕様にしています。将来的に仕切り壁を設置できるよう壁・天井裏に下地補強を行っており、分割したあとも7.5帖ずつの広々とした空間に。大きな窓のある南側だけでなく、北側の空間も十分な採光を確保できるように、西側にも窓を設けています。将来性まで考えた、快適で使い勝手の良い間取りです。 建具の引き戸の高さは照明スイッチの位置と合わせることで、ノイズの少ないすっきりとした壁面に。言われないと気付けないような細部のこだわりですが、見学される方にご説明すると好評いただいています。 物を増やさない暮らし 収納はあえて設けず、基本的には寝室の隣に設けたファミリークロークを共有で利用。子ども部屋を分割したあとに収納が不足している場合は、必要な分だけ追加するという考え方をもとに設計しています。そうすることで、必要以上に収納に面積を充てることなく、物を増やさない生活ができるので、シンプルですっきりとしたライフスタイルを実現できることでしょう。 いつの時代にも合う“ちょうどいいサイズ” 私たちは長年のリノベーション事業を通して多くのお客様から「こんなに広い家じゃなくてよかった」というお声を聞いてきました。将来まで見据えた“ちょうどいいサイズ”の空間や可変性を持たせた間取りは、そのときどきのライフスタイルにフィットして、いつの時代も快適で豊かな暮らしを届けてくれます。 モデルハウス見学のご予約は、随時承っています。ぜひ足を運んでみてください! ▼モデルハウス見学のご予約はこちらhttps://www.futagami-home-garden.jp/model/azouno/ - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 住み継がれる家。年間15棟限定『フタガミ ホームアンドガーデン』私たちの家づくりの考え方を体現した、設備も技術も最高峰のモデルハウス、薊野モデルハウス「PORTA」はこちらhttps://www.futagami-home-garden.jp/model/azouno/ - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
    2021.09.16
    薊野モデルPORTA
    それぞれの暮らしに合わせたカスタムキッチン
    皆さん、こんにちは!フタガミHOME&GARDENの広報担当です。 フタガミでは、お客様の理想とする暮らしにより近づけるようカスタムキッチンのご提案も行います。 カスタムキッチンをご提案する理由 「デザインの調和を大切にしたい」それがカスタムキッチンにこだわる理由です。既製品のキッチンにも様々なデザインがありますが、どうしてもキッチンまわりだけが既製品の持つ特有のデザインになってしまいます。そうではなく、私たちは空間や生活に合わせてキッチンもご提案したいと思っています。 ベースは素材の品質が良く機能的なIKEAのキッチンを使用。IKEAのキッチンは、様々な種類の素材やパーツを自由に組み合わせできます。シンクや天板など機能が重要なところは部分的に、日本人の暮らしに合う日本のメーカーのものをセレクトすることも。 キッチンのことを知り尽くしたデザイナーがご家族のお好みやライフスタイルに合った最適なカスタムキッチンをご提案します。 カスタムキッチン完成までの流れ 20代夫婦が建てた吹き抜けのある家は、シンクがリビングに面した対面式Ⅱ型キッチンを採用しました。キッチンに立ちながらLDK全体を眺めることができ、リビングで遊ぶ子どもの様子に目が届く間取り。さらに、キッチンの後方には洗面脱衣室とパントリーがあり、キッチンの左右から繋がる回遊動線に。毎日の家事の効率をアップしてくれます。 こちらもベースはIKEAのキッチンを使っています。カスタムキッチンができるまでのおおまかな流れは、 ・ヒアリングの際にご家族の好みやテイストを確認。・家全体のプランと合わせてキッチンのプランをご提案。・提案内容を元にご要望を伺いながら引き出しの数や色み、パネルなどを調整。 カスタムキッチンのご提案は、お客様のイメージとズレがないように、初めの段階でしっかりとヒアリングを行っています。ご家族だけの世界でたった1つのカスタムキッチンは、多くのお客様にご満足いただいています。 20代夫婦が建てた吹き抜けのある家~キッチン仕様~ □IH:三菱IH□食洗器:パナソニック□タイル:平田タイル□ベースキャビネット:IKEA METOD□キャビネット扉:IKEA HÄGGEBY□キッチン取手:IKEA BORGHAMN□キッチン天板:IKEA HÄLLESTAD□床:杉フローリング モデルハウスでは、サイズ感や素材などを確認できるだけでなく、実際にキッチン設備のご体験もできます。ご予約は随時承っていますので、お気軽にお問い合わせください。 ▼モデルハウスのご予約はこちらから https://www.futagami-home-garden.jp/model/azouno/
    2021.10.21
    家づくりコラム
    COMOリノベーション&外構計画
    皆さん、こんにちは! フタガミHOME&GARDENの広報担当です。 COMO は、私たちフタガミが経営するライフスタイルショップアンドダイニングです。以前はホームセンターの2階に併設していたセレクトショップを独立型の店舗にしました。COMOの雑貨は薊野モデルハウスにも展示しています。 家にいる心地よさを感じる空間づくり COMOはフタガミが掲げる「いえとにわ」を初めて体現した事例です。 店舗デザインと住宅デザインが別分野として認識されていた当時は、華美なデザインを施し、機能は必要最低限に抑えたお店が主流でしたが、COMOでは、建物本来の良さを生かすため、派手な装飾は取り払い、特徴的な洋小屋の形状を魅せるように設計しました。 お店にいながらも、家にいるような心地の良さを演出するために、商業施設などで使われる特別な素材は一切使っていません。また、訪れたお客様が、より付加価値のある楽しい時間を過ごしていただけるよう、店に置いてある商品からライフスタイルがイメージできるような仕掛けを施しています。ビンテージ=経年美化と考え、古き良きものを生かす設計を大切にしており、これは住宅のリノベーションにおいても共通する考え方です。 この土地に根付いてきた樹木を活かす庭づくり 木々の緑に囲まれた遊歩道のある庭や解放感あふれる広々としたウッドデッキなど、庭と店舗が心地よくつながりながら自然光がやさしく入るくつろぎの空間。 COMOの庭の主役は花ではありません。主役は目にも優しい緑の樹木たちです。空を見上げると、葉の隙間から木洩れ日が差し込み、まるで雑木林の中にいるような感覚に。 道路に面した石垣は、店から見える道路向かいの敷地の背景を隠し、また石垣おもて面と裏面に異なる植栽を施すことにより、どちらからでも楽しむことができます。 この石垣は、「砂岩(さがん)」と呼ばれる、砂が固結してできた堆積岩で、地元高知の春野で採れたものを、ひとつひとつ職人が手で積んでいったもの。地元の素材を使うことは周囲の環境にも自然にも馴染みやすく、また1つ1つ丁寧に施された手仕事は、温かみを感じられます。 COMOの店舗は商業施設ですが、「こんな家に住みたい」というコンセプトで設計されています。デザインや素材、庭づくりなど、実際の住まいでも使えるヒントが散りばめられています。 古い建物に新たな価値を生み出すリノベーションのショーケースとしてぜひご覧ください。
    2021.10.14
    施工事例
    【薊野モデルハウス】自然の力を活かす庭づくり
    皆さん、こんにちは! フタガミHOME&GARDENの広報担当です。 家の印象を最後に決定づけるのは、植栽・外構計画です。本当に良い家づくりには植栽・外構計画が欠かせません。 今回は、ガーデンデザイナーのポールスミザー氏が手がけている薊野モデルハウスの庭をご紹介します。 植物の心地よいリズムが流れるナチュラルガーデン ポールスミザー氏が提唱するのは、「植物が本来持っている自然の力を活かす庭づくり」。植物を植える場所をよく観察して、その環境に合う植物を選んで配置します。その配置こそが植物そのものの力を引き出します。 人にも環境にもやさしく、植物の心地よいリズムが流れるナチュラルガーデン。季節が移ろいゆく中で、さまざまな表情を見せ、ゆっくりと庭全体が育っていく姿を楽しめます。 1年を通してさまざまな植物を楽しめる庭づくり 庭の植栽は、観葉植物やハーブなどを取り扱う「マルニガーデン」の専門スタッフが季節・植物に合わせたお手入れをすることで、四季を楽しめる庭づくりをしています。手間がかからないようにコンクリートやアルミのフェンスに囲まれた無機質な庭も増えてきましたが、私たちは自然を感じることのできる庭づくりをしたいと思っています。 庭づくりがはじめての方や忙しくて植物のお手入れが難しい方でも、それぞれの暮らしに合わせたお庭をご提案させていただきます。 建物のプランニングと同時に進める外構計画 庭を含めた外構計画は、建物のプランニングと同時に進めることが大切です。建物を優先した結果、外構に予算を充てられなくなったり、玄関までの動線や建物と外構がアンバランスになってしまった、ということもあるからです。 フタガミでは、外構の設計・プランニング・施工まで自社で行っているので、建物とのバランスを考えた魅力的な外構プランをご提案します。 薊野モデルハウスの庭にご興味のある方は、ご予約の際にその旨をお伝えいただくと、当日は庭専門のスタッフがご案内することも可能です。 お気軽にお問い合わせください。 ▼モデルハウスのご予約はこちらから https://www.futagami-home-garden.jp/model/azouno/
    2021.10.07
    薊野モデルPORTA
    【施工事例】ドマでつながる家
    皆さん、こんにちは! フタガミHOME&GARDENの広報担当です。 緑豊かな里山に調和する落ち着いた外観デザインが魅力的な住まい。 土地環境を最大限に生かした開口計画により、外の景色を美しく切り取って空間に取り込み、どこにいても緑を感じられます。 来客用と家族用の動線を分けた玄関土間 玄関ドアの両サイドに設置したガラスが光を取り込み、開放的な明るい空間に。室外と室内の空間を緩やかにつなげます。 玄関から室内への動線は、来客用と家族用で区別。メイン玄関は来客専用にすることで、いつでも整った状態でお客様を迎えることができます。靴を脱がなくても小上がりの床に腰掛けることができ、気軽にやってきたご近所さんたちと、自然と井戸端会議が始まるようなコミュニケーションの場になります。 家族は、シューズクロークが併設されたサブ玄関から出入り。家族の靴やお子様の遊び道具などがお客様の目に触れる心配もいりません。玄関土間から各空間につながる動線計画によって廊下スペースが省けるため、空間を効率よく活用できます。 自然を感じるLDK 玄関から直接つながるLDKは、自然を感じる心地よい空間。フローリングと天井の無垢材と大開口の窓が緑豊かな景色を美しく切り取り、くつろぎの時間を与えてくれます。 キッチンとダイニングスペースの間に設けた部分壁が空間を仕切り、それぞれのスペースをすっきりと。木々の間から柔らかな木漏れ日が差し込むリビングスペースには、暖炉を設置。高気密高断熱の住まいだからこそ、薪ストーブの放射熱も活かせます。 LDKの続きに設けたデッキは、縁側のような空間を演出。デッキ上部の庇が夏の日射を遮り、快適な住環境をつくります。 隣室と一続きになった開放的な和室 押入れの下部に設けた地窓から柔らかな光が差し込む、あたたかな空間。玄関とLDKからつながる和室は、来客用のスペースとしてはもちろん、家族が日常的に使うスペースとしても活躍します。 床の高さを隣室と揃え、建具は天井高と合わせることで、一体感のある開放的な空間に。間仕切りを閉めれば個室として、開けておけばLDKの続き間として使っていただけます。 土間玄関からつながる開放的な住まいをご紹介いたしました。緑豊かな環境と自然素材に包まれた暮らしは、心身ともに健やかな毎日を届けてくれそうですよね。 次回は、寝室や子ども部屋をご紹介いたします! - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 住み継がれる家。年間15棟限定 『フタガミ ホームアンドガーデン』 私たちの家づくりの考え方を体現した、設備も技術も最高峰のモデルハウス、 薊野モデルハウス「PORTA」はこちら https://www.futagami-home-garden.jp/model/azouno/ - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
    2021.09.30
    施工事例
    【薊野モデルハウス】心身ともに落ち着ける寝室
    皆さん、こんにちは! フタガミHOME&GARDENの広報担当です。 睡眠は、心と体を健やかに保つために大切です。薊野モデルハウスの寝室は、様々な工夫で眠るために最適な環境を整えています。 心身が落ち着く広々とした空間 薊野モデルハウスの寝室は、約10帖の広々スペース。寝室からウォークインクローゼット、2階ホールと回遊できる間取りです。高い天井とベッドの周囲の余白のスペースを設けることで、空間全体をすっきりと感じさせてくれます。ベッド以外の家具は最低限にして、背の高い家具を避けることも空間を広く感じるポイントです。 寝室の隣には、約3帖の書斎を設けました。一人でゆっくりと読書や作業をしたいときはもちろん、在宅ワークのスペースとしても使っていただけます。家族から少し離れて静かに過ごしたいときにも最適です。 調湿効果のあるオークの無垢床 寝室には、草木染めしたオークの無垢材を使っています。経年変化によりグレーの色みを帯びて模様が浮き出てくるのが特徴です。無垢材ならではの豊かな香りが1日を過ごして疲れた心と体を癒します。 快適な睡眠には、適度な湿度も大切です。無垢材は、湿気が多いときには湿気を吸収して乾燥しがちなときは湿度を放出して、適度な湿度環境に整えます。 良質な睡眠を促す照明 リラックスできる空間をつくるため、照明の種類や位置にも配慮しています。ベッドに横になったときに光源が目に入らない位置に照明器具を設置。光源の眩しさを回避しつつ、あたたかみのある光で照らすことで、安らぎの空間を演出します。 毎日の睡眠は、明日への英気を養います。質の良い眠りを促す寝室の見学は随時承っています。ぜひ、薊野モデルハウスへお越しください! ▼モデルハウス見学のご予約はこちら https://www.futagami-home-garden.jp/model/azouno/ - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 住み継がれる家。年間15棟限定 『フタガミ ホームアンドガーデン』 私たちの家づくりの考え方を体現した、設備も技術も最高峰のモデルハウス、 薊野モデルハウス「PORTA」はこちら https://www.futagami-home-garden.jp/model/azouno/ - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
    2021.09.23
    薊野モデルPORTA
    【薊野モデルハウス】可変性をもたせた子ども部屋
    皆さん、こんにちは!フタガミHOME&GARDENの広報担当です。 子ども部屋を個室として使う期間は意外と短いです。だからこそ、ライフスタイルに合わせて部屋も変化させていくことで、より使い勝手の良い空間になると私たちは考えています。今回は、お子様の成長にあわせて2部屋に分割できる薊野モデルハウスの子ども部屋をご紹介します。 将来は2部屋に分割できる広々空間 薊野モデルハウスの子ども部屋は、2階にあります。最初からお子様それぞれに子ども部屋を持たせるのではなく、子どもの成長に合わせて2部屋に分割できる仕様にしています。将来的に仕切り壁を設置できるよう壁・天井裏に下地補強を行っており、分割したあとも7.5帖ずつの広々とした空間に。大きな窓のある南側だけでなく、北側の空間も十分な採光を確保できるように、西側にも窓を設けています。将来性まで考えた、快適で使い勝手の良い間取りです。 建具の引き戸の高さは照明スイッチの位置と合わせることで、ノイズの少ないすっきりとした壁面に。言われないと気付けないような細部のこだわりですが、見学される方にご説明すると好評いただいています。 物を増やさない暮らし 収納はあえて設けず、基本的には寝室の隣に設けたファミリークロークを共有で利用。子ども部屋を分割したあとに収納が不足している場合は、必要な分だけ追加するという考え方をもとに設計しています。そうすることで、必要以上に収納に面積を充てることなく、物を増やさない生活ができるので、シンプルですっきりとしたライフスタイルを実現できることでしょう。 いつの時代にも合う“ちょうどいいサイズ” 私たちは長年のリノベーション事業を通して多くのお客様から「こんなに広い家じゃなくてよかった」というお声を聞いてきました。将来まで見据えた“ちょうどいいサイズ”の空間や可変性を持たせた間取りは、そのときどきのライフスタイルにフィットして、いつの時代も快適で豊かな暮らしを届けてくれます。 モデルハウス見学のご予約は、随時承っています。ぜひ足を運んでみてください! ▼モデルハウス見学のご予約はこちらhttps://www.futagami-home-garden.jp/model/azouno/ - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 住み継がれる家。年間15棟限定『フタガミ ホームアンドガーデン』私たちの家づくりの考え方を体現した、設備も技術も最高峰のモデルハウス、薊野モデルハウス「PORTA」はこちらhttps://www.futagami-home-garden.jp/model/azouno/ - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
    2021.09.16
    薊野モデルPORTA