FUTAGAMI BLOG ブログ
皆さん、こんにちは!フタガミ ホーム&ガーデンの広報担当です。 前回は、フタガミが考える照明計画についてご紹介しました。照明によって空間のクオリティは大きく変わります。今回は、フタガミの照明計画を実際の事例を通してご紹介します。 間接照明で柔らかくあたたかな空間を演出 こちらの住まいでは照明器具を敢えて見せない照明プランをしています。光源が直接目に入らないため、LED特有の眩しさを軽減。また、間接照明やスポットライトで床だけでなく壁や天井を照らすことで、空間全体が柔らかい灯りに包み込まれます。さらに、回路ごとに照明器具の明るさや色味を調整できるコントローラーを採用。シーンによって使い分けることで、居心地の良い空間を演出します。 複数の照明を組み合わせた上質な空間 上質な空間で過ごすくつろぎの時間は、日々の暮らしを豊かにしてくれます。薊野モデルハウスPORTAのLDKは、快適性だけでなく居心地の良さも大切にしています。イメージする空間に合わせて照明器具を選定し、設置する位置や光の色み、明るさ、向きを計算して空間を演出。また、寝室の照明計画は疲れた身体や心をリラックスさせ、快眠へと導くという大切な役割を担っています。PORTAでは、空間を柔らかく照らすブラケット照明とフロアライトを採用。きちんと考えられた照明計画が質の良い睡眠につながります。 開放的でありながらプライバシーを守れる2階LDK こちらの住まいは、きちんとデザインされた構造材の天井を綺麗に魅せたいという思いから、勾配天井には照明器具を設置していません。その代わり壁面に間接照明を配置して、壁と天井を柔らかく照らしています。また、ダウンラインやスポットライトを適材適所に配置することで、明るさは確保しつつ、ゆっくりとくつろぎの時間を過ごせる空間を演出しています。 体と心をゆっくりと休める寝室の照明 1階にある寝室は、ゆっくりと体と心を休める落ち着きのある空間に。寝室の照明はすべて横になった際に直接目に当たらないように設計。間接照明の柔らかな光が気持ちを落ち着かせて、より質の高い睡眠につながります。 フタガミでは、新築はもちろんリノベーションでも照明計画を行なっております。定期的に夜の見学会を開催しており、照明によって演出された空間をご体感いただけます。日程やお申込みの詳細はホームページやインスタグラムでご案内いたしますので、ご興味のある方はぜひチェックしてみてください! - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 住み継がれる家。年間15棟限定『フタガミ ホーム&ガーデン』私たちの家づくりの考え方を体現した、設備も技術も最高峰のモデルハウス、薊野モデルハウス「PORTA」はこちら https://www.futagami-home-garden.jp/model/azouno/ - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2022.09.29
事例紹介
皆さん、こんにちは! フタガミ ホーム&ガーデンの広報担当です。 「ご家族のライフスタイルを大切にしたい」という想いから、私たちは空間や生活に合わせて家具もご提案したいと思っています。様々なデザインの家具が市場に出回る中で、お引き渡しした後、いざ家具を用意しようと思っても、どんなものがいいのかお悩みになられる方も多いかと思います。 そこでフタガミでは、デザイナーが空間とのバランスを見ながら家具をデザインし、造作することもあります。今回は、デザイナーが空間に合わせてご提案した造作家具の事例をご紹介いたします。 2階LDKと洗面台に造作家具をご提案 造作家具のご提案は、お客様のイメージとズレがないように、仕様決めの中でしっかりとヒアリングを行いながらデザインをしていきます。 LDKに設けた壁面収納とキッチンのカウンター収納は、文房具や書類をしまうリビング収納として活躍します。リビングには、観葉植物や小物、家族写真やお気に入りのインテリアの他に、書類や文房具、新聞や雑誌、チラシなど……色々なものを置きますよね。 見せたいものを見せる収納として視線の高さに配置し、生活感のあるあまり見せたくないものを、視線より低い位置に、隠す収納として配置しています。 空間にメリハリをつけながら、使い勝手とデザインのバランスを考えて造作家具を計画しました。 また、収納に関しては、ヒアリングの際にモノの量を把握して、“何をどの場所にどのくらい収納したいか”を決めていきます。ご家族の暮らしに合わせて適材適所に収納を設けているので、いつもすっきりとした空間を実現できます。 1階にある洗面台は、家族が並んで使える大きな鏡と大容量のカウンター収納を設けました。家具をデザインするときは、家具だけではなく、その家具を取り付ける空間全体を一緒にデザインします。窓の配置や、鏡を取り付ける位置や大きさ、照明の配置など、トータルでコーディネートができるのが造作家具の良さです。もちろん素材選びにも拘っています。カウンターは水や汚れ、傷に強いメラミン素材とし、壁面の水がかかる恐れのある部分はタイルで仕上げました。 隠す収納と見せる収納の組み合わせ キッチンのカウンターは扉付きで隠す収納に、壁面収納はオープンにして見せる収納として楽しめるようにしました。空間のアクセントにもなり、インテリアとしても魅力的な収納に仕上げました。 トイレの手洗いカウンター トイレットペーパーや掃除道具など、トイレもコンパクトな空間でありながら様々なものを置く場所です。トイレの横には手洗い器と一体になったカウンター収納を設けました。消臭剤や小さな植物などをカウンターの上に置くことができ、お掃除道具や予備のトイレットペーパー、タオルなどを中に収納できるようになっています。トイレの立つ・座る動作に負担がかかる場合にも、カウンターを補助にすることができるのでお勧めです。 世界でたった1つのオリジナルの家具は、暮らしへの満足感も高めてくれます。 造作家具は薊野モデルハウスPORTAでもご覧いただけます。ぜひお越しください! - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -住み継がれる家。年間15棟限定『フタガミ ホーム&ガーデン』私たちの家づくりの考え方を体現した、設備も技術も最高峰のモデルハウス、薊野モデルハウス「PORTA」はこちら https://www.futagami-home-garden.jp/model/azouno/ - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
2022.09.15
事例紹介
皆さん、こんにちは!フタガミ ホーム&ガーデンの広報担当です。 今回ご紹介するのは、リノベーションとDIYで理想の住まいを叶えたオーナー様邸。リノベーションだけでなく、そこにDIYで自ら手を加えることで愛着が増し、家で過ごす時間がより一層豊かなものになります。 木製の建具を取り入れたあたたかみを感じる玄関 明るく開放的な玄関には、造作した木製の玄関ドアを採用してあたたかみを感じる空間に。木製の建具はメンテナンスが必要ですが、手をかけることで愛着が増し、木製ならではの経年変化も楽しめます。玄関ドアの両サイドにはガラスを入れて、外部空間とのつながりをつくりました。玄関ホールに広がりと開放感をもたらしています。 景色を楽しめる開放的なLDKとウッドデッキ こちらのオーナー様は、築20年の物件を購入してLDKを中心にリノベーション。もともとあった間仕切りを取り払って5DKだった間取りを3LDKに。眺めの良い立地特性を活かして南面と西面に大きな開口を設けました。遠くの山まで見渡せる明るく開放的なLDKを実現。天井はあえて剥き出しにした構造材をDIYで白く塗装して仕上げています。 一部減築を行い、そこにはデッキスペースを設けました。LDKからフラットにつながるアウトドアリビングとして楽しめます。 シンプルな空間を彩るカスタマイズキッチン シンプルな白いキッチンは、IKEA製のパーツを組み合わせてカスタマイズしました。シンクは日本人が使いやすい大きなサイズの陶器タイプをはめ込み、ワークトップは温かみを感じる無垢材を採用。オーナー様がDIYしたチョークボードペイントの黒い壁がキッチンのアクセントとなっています。無垢材の天板は、オーナー様ご自身でこまめにメンテナンスされているそうで、今も美しい状態をキープされています。 珪藻土塗りの壁やチョークボードペイント、ウッドデッキの塗装など、至るところにDIYを取り入れた住まい。DIYはリノベーションとも好相性で、自分たちで手をかけることによって住まいへの愛着も増します。 フタガミでは、DIYのサポートや住んでからのメンテナンス方法もお伝えしていますので、DIYがはじめての方もご安心ください! - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -住み継がれる家。年間15棟限定『フタガミ ホーム&ガーデン』私たちの家づくりの考え方を体現した、設備も技術も最高峰のモデルハウス、薊野モデルハウス「PORTA」はこちら https://www.futagami-home-garden.jp/model/azouno/ - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2022.07.21
事例紹介
皆さん、こんにちは!フタガミ ホーム&ガーデンの広報担当です。 今年4月に帯屋町アーケード内にオープンしたヨーロピアンフレンチMIRA様の店舗デザインは、フタガミが手がけた事例の1つです。 誰でも気軽に来店いただけるナチュラルな雰囲気に 以前は東京で飲食のお仕事をされていた店主のご要望は、「誰でもふらっと立ち寄りたくなるお店」。内装工事の依頼を受けたテナントビルは飲食店専用に作られたものではないため、厨房の位置が限られたりと、さまざまな制約がありました。その中でも、空間を最大限広く見せるよう、オープンの厨房を採用。また、造作の吊棚を設けることで閉塞感を感じることなく、厨房と客席をゆるやかに仕切ります。 フレンチ料理店でありながらも、店内はアットホーム感のあるナチュラルなデザインに仕上げました。 家と同じ手法の「整理するデザイン」を採用 店内のデザインは、シンプルながら居心地の良い空間に。主に古材や真鍮を使用して、落ち着きのあるグレーの色みで統一。店舗でありながらも家と同じ手法の「整理するデザイン」で、特別な材料は一切使っていません。店内のベンチはテーブルに合わせてフタガミで製作。椅子はオーナー様が選定されました。また、天井の高さを活かしてペンダント照明やブラケット照明を用いるなど、照明計画にもこだわっています。 将来的には立ち飲みバーも検討されているそう。お一人でも、ご友人やカップルでも気軽に行けるお店なので、ぜひ一度足を運んでみてください! 【ヨーロピアンフレンチMIRA】フレンチ出身の店主によるボーダーレスな創作料理食堂。ランチからディナーまで店主こだわりの様々な料理をお楽しみいただけます。 □所在地 高知市帯屋町2丁目1-27-2 SYO-YUビル2階□営業時間 LUNCH 11:30~15:00(LO14:30) DINNER 17:00~23:00(LO22:00)□定休日 水曜日、第2・4火曜 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -住み継がれる家。年間15棟限定『フタガミ ホーム&ガーデン』私たちの家づくりの考え方を体現した、設備も技術も最高峰のモデルハウス、薊野モデルハウス「PORTA」はこちら https://www.futagami-home-garden.jp/model/azouno/ - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2022.07.07
事例紹介