FUTAGAMI BLOG ブログ
2022/09/22
家づくりコラム
なぜ照明計画が大切なのか?フタガミが考える照明計画のポイント

皆さん、こんにちは!
フタガミ ホーム&ガーデンの広報担当です。

家を建てるときには間取りや動線も大切ですが、上質な空間を演出するためには、質の高い照明計画が欠かせません。
今回は、私たちが大切にしている照明計画についてご紹介していきます。

照明計画とは

フタガミの考える照明計画とは、暮らしのシーンをイメージしながら、空間をどのように演出するのかに重きを置いて、明かりの配置を検討することです。
“照明計画=照明器具へこだわること”と思われがちですが、そうではありません。
どんな照明器具を選ぶかも大切ですが、照明計画の本質は「空間演出」です。
照明計画によって、実際に住み始めてからの暮らしの満足度は大きく変わります。

「空間をどのように使い、どのように演出したいか」、「その空間でどんな時間を過ごしたいか」によって必要な明るさが決まります。
そこから、照明の位置や明るさ、色み、向きといったことを計画に落とし込み、照明器具の種類や数を含めた照明プランを作成します。
お家の計画を考えていく中で、同時に照明の計画も進めていくことで、住まい心地の良い上質な空間に仕上がります。

照明によってシーンごとに生まれ変わる空間づくり

私たちは、照明を“ただ明るくするための道具”ではなく、上質な空間をつくり出す大切な要素だと考えています。
一般的な住宅でよく見かける一室一灯の照明は、明るさは確保できても単調な雰囲気になりがちです。
同じ空間でも照明計画を意識することで、「家族団らんの時間」「くつろぎの時間」など、暮らしのシーンごとに全く別の空間に生まれ変わります。

例えばダウンライン一つにとっても様々な計画が可能です。器具の大きさや灯りの強さを考慮するのはもちろん、空間のどこに配置するのかも重要なポイントです。
空間全体が均等に明るくなるよう部屋のセンターに配置するのか、それとも壁を照らすために壁よりに配置するのか、また同じ個数でもまとめて配置するのか、分散させるのか。
様々な考え方がありますが、これらを丁寧にプロットしていくことで、本当の意味で住まい心地の良い住まいが完成します。

シーンや目的によって照明を使い分けることで暮らしの満足度はぐんと高くなります。
細部までこだわった住まい心地の良い家は、薊野モデルハウスPORTAでぜひご体感ください!


– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

住み継がれる家。年間15棟限定

『フタガミ ホーム&ガーデン』

私たちの家づくりの考え方を体現した、

設備も技術も最高峰のモデルハウス、

薊野モデルハウス「PORTA」はこちら

https://www.futagami-home-garden.jp/model/azouno/

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –