FUTAGAMI BLOG ブログ
2021/12/02
家づくりコラム
2階リビングのある暮らし〜メリット・デメリット〜

皆さん、こんにちは!
フタガミ ホーム&ガーデンの広報担当です。

機能的なものに縛られるのではなく、家で過ごすモチベーションを高める工夫や趣味を楽しめる空間を取り入れることで、日々の暮らしはさらに充実します。大切なのは、「そこでどんな生活がしたいのか」。2階リビングもその1つです。立地や風景、陽当たり、風向きなどすべての条件を加味したうえで、トータルでプランニングしています。
今回は、2階リビングのメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

2階リビングのメリット

◎採光を取り込みやすい
採光を取りたい方角に隣家が近い場合や住宅密集地の場合、1階リビングだと十分な採光が取り込めないことがあります。2階リビングにすることで立地のデメリットを解消し、明るいリビングをつくることができます。

◎眺望を活かせる
1階リビングに比べて目線が高くなるので、より景色を楽しめます。高台など眺望の良い立地を活かすために2階にリビングを選択する場合もあります。立地によっては花火や紅葉など、季節ごとの楽しみが増えるのも嬉しいポイントです!

◎プライバシーを守れる
隣家が近接している場合や道路に面した立地の場合、1階リビングだと外部からの視線が気になってしまうことも。2階リビングなら外部からの視線を遮り、プライバシーを守れる空間が作りやすくなります。リビングからつながるバルコニーを設けてアウトドアリビングとして楽しむのも魅力的です。

◎将来は2世帯住宅に
将来的に1階には親世帯を迎えて2世帯住宅として暮らすことも可能です。あらかじめ、2世帯住宅も視野に入れて設計しておくことで、最小限のリノベーションで世代を越えてと住み継ぐ暮らしを実現できます。

2階リビングのデメリット

◎階段の往復による負担
2階リビングにはデメリットもあります。年齢を重ねてからは階段の往復が足腰の負担になってしまうこと。買い物した荷物の搬入やゴミ出しにも多少労力がかかってしまいます。階段幅を広く取り傾斜を緩くすることで負担を軽減することができます。

◎子ども部屋や寝室の配置によっては様子が分かりづらい
2階リビングでは子ども部屋や寝室などの個室が1階に配置されることが多く、子どもがリビングを通らずに玄関と自分の部屋を行き来できてしまいます。そのため、子どもの様子が分かりづらいというデメリットも。

こういった場合には、リビングの一角に子どものためのフリースペースを設けることで改善することができます。子どもが小さいうちはリビングの一角に遊びのためのスペースを設け、小学生くらいになったらそこをスタディースペースにします。ある程度子供の自立を促す時期になったら一階の個室を子ども部屋にするなど、子どもの成長過程に合わせて用途を変えることのできる、可変性のある部屋にすることで対応ができます。

今回は2階リビングのメリットとデメリットについてご紹介しました。次回は、2階リビングの実際の事例をご紹介していきます! ぜひご覧ください。