FUTAGAMI BLOG ブログ
2021/11/04
施工事例
デザイナーが建てた等身大の住まい~狭小住宅の玄関・書斎・寝室~

皆さん、こんにちは!
フタガミHOME&GARDENの広報担当です。

先月に続き、弊社デザイナーが建てた狭小な住まいをご紹介していきます。今回は、1階の玄関や書斎コーナー、寝室について。一般的には悪条件とも思える立地をデザイナーならではの視点と設計力で補い、魅力的な住まいが完成しました。

美術館のような空間が出迎える玄関

隣家が近接して十分な採光が難しい立地のため、水回りや寝室、書斎コーナーを1階に配置しました。
玄関からシューズクローク、書斎スペース、廊下へとスムーズに回遊できる動線を採用。玄関の向かいには大開口の窓を設けて、ホール全体に光が差し込む明るい空間を演出しています。

書斎スペースは生活空間から離れた静かな場所に

コロナ禍で急激に需要が高まった書斎スペース。大人の隠れ家的空間に憧れをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらの住まいでは、シューズクロークの奥におよそ0.7帖のコンパクトな書斎スペースを設けました。居住空間とは少し離れているため、個の時間に集中できる落ち着いた環境となっています。

白で統一したノイズレスな寝室

玄関を入って左手廊下の突き当りには、寝室があります。クロス、引き戸、収納扉をすべて白で統一。取手の形や位置にもこだわり、ノイズレスですっきりとした空間を実現しました。壁の一部に設けた開口が外の景色を切り取り、インテリアの一部としても楽しめます。

全国トップクラスの高気密で冬も暖かい

住環境にとって、気密性能はとても大切な要素です。どんなに優れた断熱材や換気システムも気密性能が良くなければ、その性能を十分に発揮できません。
フタガミの家は全国トップクラスの超高気密。寒い冬でも快適な室内環境で過ごせるのはもちろん、結露しにくく構造体にもやさしい住まいです。

狭小住宅=必要最小限の間取りでは決してありません。お客様の理想とするプラスアルファな空間もご提案可能です。
狭小な土地や活用が難しい土地をお持ちの方もお気軽にご相談ください。