FUTAGAMI BLOG ブログ
2021/09/30
施工事例
【施工事例】ドマでつながる家

皆さん、こんにちは!

フタガミHOME&GARDENの広報担当です。

緑豊かな里山に調和する落ち着いた外観デザインが魅力的な住まい。

土地環境を最大限に生かした開口計画により、外の景色を美しく切り取って空間に取り込み、どこにいても緑を感じられます。

来客用と家族用の動線を分けた玄関土間

玄関ドアの両サイドに設置したガラスが光を取り込み、開放的な明るい空間に。室外と室内の空間を緩やかにつなげます。

玄関から室内への動線は、来客用と家族用で区別。メイン玄関は来客専用にすることで、いつでも整った状態でお客様を迎えることができます。靴を脱がなくても小上がりの床に腰掛けることができ、気軽にやってきたご近所さんたちと、自然と井戸端会議が始まるようなコミュニケーションの場になります。

家族は、シューズクロークが併設されたサブ玄関から出入り。家族の靴やお子様の遊び道具などがお客様の目に触れる心配もいりません。玄関土間から各空間につながる動線計画によって廊下スペースが省けるため、空間を効率よく活用できます。

自然を感じるLDK

玄関から直接つながるLDKは、自然を感じる心地よい空間。フローリングと天井の無垢材と大開口の窓が緑豊かな景色を美しく切り取り、くつろぎの時間を与えてくれます。

キッチンとダイニングスペースの間に設けた部分壁が空間を仕切り、それぞれのスペースをすっきりと。木々の間から柔らかな木漏れ日が差し込むリビングスペースには、暖炉を設置。高気密高断熱の住まいだからこそ、薪ストーブの放射熱も活かせます。

LDKの続きに設けたデッキは、縁側のような空間を演出。デッキ上部の庇が夏の日射を遮り、快適な住環境をつくります。

隣室と一続きになった開放的な和室

押入れの下部に設けた地窓から柔らかな光が差し込む、あたたかな空間。玄関とLDKからつながる和室は、来客用のスペースとしてはもちろん、家族が日常的に使うスペースとしても活躍します。

床の高さを隣室と揃え、建具は天井高と合わせることで、一体感のある開放的な空間に。間仕切りを閉めれば個室として、開けておけばLDKの続き間として使っていただけます。

土間玄関からつながる開放的な住まいをご紹介いたしました。緑豊かな環境と自然素材に包まれた暮らしは、心身ともに健やかな毎日を届けてくれそうですよね。

次回は、寝室や子ども部屋をご紹介いたします!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

住み継がれる家。年間15棟限定

『フタガミ ホームアンドガーデン』

私たちの家づくりの考え方を体現した、設備も技術も最高峰のモデルハウス、

薊野モデルハウス「PORTA」はこちら

https://www.futagami-home-garden.jp/model/azouno/

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –