FUTAGAMI BLOG ブログ
2021/09/16
薊野モデルPORTA
【薊野モデルハウス】可変性をもたせた子ども部屋

皆さん、こんにちは!
フタガミHOME&GARDENの広報担当です。

子ども部屋を個室として使う期間は意外と短いです。だからこそ、ライフスタイルに合わせて部屋も変化させていくことで、より使い勝手の良い空間になると私たちは考えています。
今回は、お子様の成長にあわせて2部屋に分割できる薊野モデルハウスの子ども部屋をご紹介します。

将来は2部屋に分割できる広々空間

薊野モデルハウスの子ども部屋は、2階にあります。最初からお子様それぞれに子ども部屋を持たせるのではなく、子どもの成長に合わせて2部屋に分割できる仕様にしています。将来的に仕切り壁を設置できるよう壁・天井裏に下地補強を行っており、分割したあとも7.5帖ずつの広々とした空間に。大きな窓のある南側だけでなく、北側の空間も十分な採光を確保できるように、西側にも窓を設けています。将来性まで考えた、快適で使い勝手の良い間取りです。

建具の引き戸の高さは照明スイッチの位置と合わせることで、ノイズの少ないすっきりとした壁面に。言われないと気付けないような細部のこだわりですが、見学される方にご説明すると好評いただいています。

物を増やさない暮らし

収納はあえて設けず、基本的には寝室の隣に設けたファミリークロークを共有で利用。子ども部屋を分割したあとに収納が不足している場合は、必要な分だけ追加するという考え方をもとに設計しています。そうすることで、必要以上に収納に面積を充てることなく、物を増やさない生活ができるので、シンプルですっきりとしたライフスタイルを実現できることでしょう。

いつの時代にも合う“ちょうどいいサイズ”

私たちは長年のリノベーション事業を通して多くのお客様から「こんなに広い家じゃなくてよかった」というお声を聞いてきました。将来まで見据えた“ちょうどいいサイズ”の空間や可変性を持たせた間取りは、そのときどきのライフスタイルにフィットして、いつの時代も快適で豊かな暮らしを届けてくれます。

モデルハウス見学のご予約は、随時承っています。
ぜひ足を運んでみてください!

▼モデルハウス見学のご予約はこちら
https://www.futagami-home-garden.jp/model/azouno/

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

住み継がれる家。年間15棟限定
『フタガミ ホームアンドガーデン』
私たちの家づくりの考え方を体現した、設備も技術も最高峰のモデルハウス、
薊野モデルハウス「PORTA」はこちら
https://www.futagami-home-garden.jp/model/azouno/

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –